So-net無料ブログ作成
検索選択

子ども寝ない問題 [2歳]

うちの子は非常に睡眠時間が短いです。
ひとまず、1日を通しての睡眠時間が二桁・・つまりは10時間になるのが目標なまま2年半。
ありとあらゆるところで愚痴り、相談してきましたが、画期的な策はなく。
「早起きさせろ」
「外遊びたくさん」
「夜ブルーライトを避ける(テレビタブレット)」
これら3つを基調とたアドバイスしか聞けず。そんなんもう耳にタコといつからか聞き流すように。
たまにこの3つ以外では、「入眠儀式」「寝るときに愛着のあるものを持たせる」「真っ暗」「親寝たふり」。

基本の3つを守りつつ、たまに亜種を織り交ぜながら最近は新しいアイデアも集まらず、相談もしなくなり、ほぼ諦めの境地でしたが、先週光明がさしました。新しい説を入手です!

赤ちゃんの頃は児童センターなどでよくお会いしていたのですが、習い事などで1年ほどすっかり会わなくなっていたママさんと偶然お会いし、ランチをすることに。「まだ寝ない?」と聞かれ、寝ないっぷり武勇伝をご披露。最近は体力を奪うことに重点を置き、1日2.5時間以上は外遊びで猛烈に走り回らせたり、どこまでも歩かせている話をしたところ・・・。
「盲点だけどね、外遊びさせればさせるほど、どんどん体力がついて、どんどん寝なくなるらしいよ。」
ウヒョーーーー、目からウロコ。新しい!!
言われてはっきりと認識しましたが、日に日に体力がついて行くのを実感していました。
子どもにとっては、それは良いことなんだけど、寝てほしいって観点からは外遊びはほどほどでやめといたほうがいいらしいとの事。

ではどうすれば・・・と着地点を見失っていたところ、「午後は頭を疲れさせるといいんだって。」
答えまでいただきました。
手先を使って考えるもの。例えば、ブロックで目的のものを作るとか、パズルとか、はさみを使った工作とか。

試す価値をものすごく感じました。
ただ今パズルを物色中です。